暑さ忘れて蔭忘る(読み)あつさわすれてかげわする

精選版 日本国語大辞典の解説

あつさ【暑さ】 忘(わす)れて蔭(かげ)(わす)

(暑さが去ると同時に涼しかった物かげのありがたさを忘れるという意から) 恩を忘れることの早いたとえ。のどもと過ぎれば熱さを忘る。〔俳諧・毛吹草(1638)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android