暖席・暖蓆(読み)のんせき

精選版 日本国語大辞典の解説

のん‐せき【暖席・暖蓆】

〘名〙 (「のん」は「暖」の唐宋音) 室内の敷物。暖をとるための敷物。
※空華日用工夫略集‐永徳三年(1383)八月二五日「乃定倹法曰、点心二種、飯菜六種、菓子三種、暖席用染高麗布

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android