コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

暫定水利権

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

暫定水利権

河川法に基づき、水道水工業用水農業用水、発電などの各利用者が河川管理者の許可を得て一定の水量を使う権利を「安定水利権」と呼ぶ。基本的に早い者勝ちのため、後発組はダムなどの新たな水源の確保を前提に、「暫定」の権利を得る。東京、埼玉、千葉、茨城、群馬の5都県は、八ツ場ダムの事業参加と引き換えに得た暫定水利権で、一部の水道水や工業用水をまかなっている。

(2009-08-08 朝日新聞 朝刊 群馬全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

暫定水利権の関連キーワード河川法

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android