コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曇り・曇 くもり

1件 の用語解説(曇り・曇の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

くもり【曇り・曇】

雲が空をおおっていること。気象庁では、雲量九以上で、雨の降らない天気を曇りとしている。 「 -のち晴れ」 「 -日」
ガラスなど透明なものや反射するものの表面に水滴やよごれがついて、はっきり見えないこと。ぼんやりしていること。
光・形・色・声などが、はっきりしないこと。かげり。 「声に-がある」
気持ちがはればれしないこと。わだかまりがあること。 「満面の-は拭消ぬぐいけされなかつた/社会百面相 魯庵
(法律上や道義的に)疑われるようなことがあること。また、そのような疑い。 「 -なき身」

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曇り・曇の関連情報