曙染め・曙染(読み)あけぼのぞめ

大辞林 第三版の解説

あけぼのぞめ【曙染め・曙染】

紅・紫・藍あい・鼠などの色を、着物の上へゆくほど次第に濃く、曙の空の色のようにぼかし染めにしたもの。裾すその部分は白く残し、友禅模様を描くのが通例。朧おぼろ染めに同じとも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android