コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曲尺・矩尺 かねじゃく

大辞林 第三版の解説

かねじゃく【曲尺・矩尺】

〔金属製であることから〕
大工・建具職人などが用いる直角に曲がった金属製の物差し。表には実寸(表目)の、裏にはその√2倍(裏目)、 1/ π 倍(丸目)の目盛りがきざまれている。かね。かねざし。まがりがね。まがりざし。まがりじゃく。さしがね。すみがね。大工金だいくがね。鉄尺。
が用いている尺の単位。現在の尺。一尺は30.3センチメートル。鯨尺くじらじやくの八寸にあたる。 →

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曲尺・矩尺の関連キーワード

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android