更衣(読み)ころもがえ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更衣(ころもがえ)
ころもがえ

季節によって衣服、調度を改める行事。平安時代、宮中では4月1日と10月1日に行った。内蔵(くら)寮が装束類を、掃部(かもん)寮が御殿の調度類を用意する。夏になると壁代(かべしろ)(壁のかわりに垂らした几帳(きちょう)のようなもの)をかたづけて帷子(かたびら)(几帳、帳(とばり)などに用いる一重の布)をかけ、御座を敷き改め、衣服は単(ひとえ)とする。室町時代以後、綿入れ、帷子(裏をつけない一重の服)が用いられるようになり、4月1日に綿入れを脱ぎ、袷(あわせ)を着、寒いときには下に白小袖(こそで)を着る。このことから、4月1日を綿抜(わたぬき)の一日ともいう。また、武家ではこの日より足袋(たび)を用いずという規定もあった。江戸幕府の定めでは、4月1日から袷を着、5月5日から帷子(一重の着物)に着替える場合もあり、これを「五月の更衣」という。また、袷は4月1日から5月4日までと、9月1日から8日まで用いる風習もあった。そして、9月9日から綿入れ、袷小袖を用いる例もあり、「九月の更衣」ともいった。このため、10月1日を「後(のち)の更衣」ということもある。一般には江戸時代以後、現代に至るまで、平安時代の宮中の更衣の基準に倣っているのが普通である。[山中 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

更衣の関連情報