書簡・書翰(読み)しょかん

精選版 日本国語大辞典「書簡・書翰」の解説

しょ‐かん【書簡・書翰】

〘名〙
① てがみ。書状。書札。消息
※古文真宝彦龍抄(1490頃)「書簡往来と云て此辺にある文(ふみ)也」
※尋常小学読本(1887)〈文部省〉六「東京に往きて、将に帰らんとする時に、書簡を国許に送りて」
② 文字を書くこと。筆跡。〔梁書‐後主沈皇后〕
③ (「書」は書斎、「簡」は竹簡、筆筒の意) 書斎で用いる、筆・紙などの文房具
菅家後集(903頃)雪夜思家竹「短者宜書簡、妬不先編列

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android