書簡文・書翰文(読み)しょかんぶん

精選版 日本国語大辞典「書簡文・書翰文」の解説

しょかん‐ぶん【書簡文・書翰文】

〘名〙 書簡文体様式によって書かれる文章。また、書簡で用いられる尊敬謙譲などを表わすための特殊な表現・用語をさすこともある。手紙文。
古事類苑(1879‐1907)文学部六「上の人の往復せる書簡文は、其体今知るべからず」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android