コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹学佺

美術人名辞典の解説

曹学佺

明代後期の文人福建省閩侯生。字は能始、号は石倉・森閣・西峰居士。万暦23年、20才で進士となり、戸部主事・中察典調南京添注大理左寺となる。紹武元年(1646)歿、73才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android