コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹洞宗の大本山

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

曹洞宗の大本山

曹洞宗の開祖・道元は、鎌倉時代に中国に渡り、帰国後、福井県に永平寺を開いた。道元から4代目の瑩山(けいざん)は石川県に總持寺を開き、教団発展の基礎をつくった。總持寺は明治時代に焼失したのを機に横浜市に移転、今年はちょうど100年目に当たる。曹洞宗はこの二つが大本山で、道元と瑩山を両祖大師と呼ぶ。

(2011-02-21 朝日新聞 夕刊 こころ1面)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

曹洞宗の大本山の関連キーワード泰山雲尭総持寺

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

曹洞宗の大本山の関連情報