コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曹長石緑簾石ホルンフェルス相 そうちょうせきりょくれんせきホルンフェルスそうalbite-epidote-hornfels facies

1件 の用語解説(曹長石緑簾石ホルンフェルス相の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

曹長石緑簾石ホルンフェルス相

ターナーやフェルホーゲンは,接触変成作用の場合にも角閃岩相より低温の条件に曹長石─緑簾石の共存を特徴とする変成相を考えた[Turner : 1948, Turner & Verhoogen : 1951].この相は接触変成作用の低温相で接触変成帯の外側の代表的なものである.接触変成帯では非平衡が普通.鉱物組合せ緑色片岩相と類似する.以前にはこの相は曹長石緑簾石角閃岩相の中のアクチノ閃石緑簾石ホルンフェルス亜相とされていたが,その後独立した変成相とされた[Fyfe, et al. : 1958, Turner & Verhoogen : 1960].

出典|朝倉書店
岩石学辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone