コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曼殊院良恕法親王

1件 の用語解説(曼殊院良恕法親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

曼殊院良恕法親王

江戸初期の親王。曼殊院門跡。陽光院誠仁親王第三皇子。後陽成天皇の弟。初名勝輔、法名覚円のち良恕。幼称は三宮、号は忠桓。尊朝親王のもとで得度、伝法灌頂を受ける。第百七十代天台座主となり、二品に叙せられる。書画・和歌・連歌を能くした。著書に『厳島参詣記』がある。寛永20年(1643)薨去、70才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曼殊院良恕法親王の関連キーワード良恕法親王昭高院道勝法親王大覚寺宮空性法親王八条宮智仁親王曼殊院覚恕法親王曼殊院良尚法親王曼殊院慈運法親王孝暢曼殊院陽光院

今日のキーワード

プレミアムフライデー

経済産業省と日本経済団体連合会などの経済界の団体が個人消費を喚起するため、毎月末の金曜日に午後3時をめどに仕事を終えるよう企業に対応を呼びかけるキャンペーンの名称。2016年12月12日、政府と経済界...

続きを読む

コトバンク for iPhone