曽先之・曾先之(読み)そうせんし

大辞林 第三版の解説

そうせんし【曽先之・曾先之】

中国、南宋末・元初の学者。字あざなは孟参。南宋の朝廷に仕えたが、その滅亡後は隠退して「十八史略」を著した。生没年未詳。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android