コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽宮一念 そみや いちねん

1件 の用語解説(曽宮一念の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

曽宮一念

洋画家。東京生。名は喜七。東美校卒。藤島武二山下新太郎に師事し、中村彝と親交する。二科会会員・独立美術協会を経て、国画会会員となり特異の風景画家として活躍するが、のち視力障害のため退会、無所属となる。失明後は画家から文筆へと活動を転じ、多くのエッセイを著す。『海辺の溶岩』で日本エッセイスト・クラブ賞受賞。平成六6年(1994)歿、101才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

曽宮一念の関連キーワード榎本千花俊井上白楊植松素鳳高橋蒼々子野口駿尾藤彦衛柚木祥吉郎山内神斧奥田勝塩崎逸陵

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

曽宮一念の関連情報