コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽我蕭白・曾我蕭白 そがしょうはく

大辞林 第三版の解説

そがしょうはく【曽我蕭白・曾我蕭白】

1730~1781) 江戸中期の画家。自ら蛇足じやそく軒・蛇足十世等と称す。自由奔放な画風で「寒山図」など人物水墨画を多く描いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

曽我蕭白・曾我蕭白の関連キーワード画家画風

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android