コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

曽根崎心中・曾根崎心中 そねざきしんじゅう

大辞林 第三版の解説

そねざきしんじゅう【曽根崎心中・曾根崎心中】

人形浄瑠璃。世話物。近松門左衛門作。1703年初演。世話浄瑠璃の嚆矢こうし。大坂北の新地天満屋の遊女お初と内本町の醬油屋平野屋の手代徳兵衛が、恋と男の面目のために曽根崎天神の森で心中した事件を脚色したもの。道行文は名文として名高い。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

曽根崎心中・曾根崎心中の関連キーワード世話浄瑠璃曽根崎天神人形浄瑠璃世話物内本町道行文面目嚆矢名文

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android