コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

替わり・代わり・替り・代り かわり

大辞林 第三版の解説

かわり【替わり・代わり・替り・代り】

〔動詞「かわる(替・代)」の連用形から〕
交代すること。また、その人や物。 「 -を探す」
他の人や物の代理をすること。また、その人や物。 「父の-を無事に果たす」
(「…かわりに」「…のかわり」の形で接続助詞的に用いて)…にひきかえて。…に見合って。 「おやつを上げる-にお使いに行って来て」 「失敗もない-、大きな成功もない」
(「おかわり」の形で)同じ種類の飲食物をもう一杯もらうこと。 「ご飯のお-はいかがですか」
(「がわり」の形で)名詞の下に付いて接尾語的に用いられ、…の代わりとなるもの、…の代用となるものの意を表す。 「名刺-に菓子折を持ってゆく」 「親-」
替わり狂言」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

替わり・代わり・替り・代りの関連キーワード菓子折連用形

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android