コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上小国川ダムの建設計画

1件 の用語解説(最上小国川ダムの建設計画の意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

最上小国川ダムの建設計画

赤倉温泉」地域の洪水被害対策を主な目的とし、1991年に計画が持ち上がった。県は2006年、環境負荷が少ないとされる「穴あきダム」を建設することを決め、現在は、ダムの本体工事着工後3年以内の完成を目指している。小国川漁協は計画当初から反対の姿勢を貫いてきたが、3月に就任した高橋光明組合長は、総代会に改めて賛否を諮ると表明した。

(2014-06-05 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上小国川ダムの建設計画の関連キーワード赤倉温泉底倉温泉特定都市河川浸水被害対策法赤倉温泉スキー場やまがた赤倉温泉スキー場池ノ平[温泉]当別ダム最上小国川ダム長野県千曲市戸倉温泉妙高温泉郷

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone