コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最上小国川ダム

1件 の用語解説(最上小国川ダムの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

最上小国川ダム

赤倉温泉のある最上町赤倉地区の洪水被害の緩和を主な目的として、県が計画。ダム建設の総事業費は64億円で、2011年末までにダム本体の設計費や地質調査などに17億5410万円を費やしたが、周辺工事を含め土木工事は実施されていない。県は06年、ダム底部に穴を開ける「流水型(穴あき)ダム」方式での建設を決めたが、地元漁協などは「土砂が穴から下流に流れ、魚の生育に影響する」として反対している。

(2012-10-06 朝日新聞 朝刊 山形 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最上小国川ダムの関連キーワード赤倉温泉底倉温泉和倉温泉湯の花赤倉[温泉]池ノ平[温泉]妙高高原[町]厚狭川の浸水被害妙高温泉郷新赤倉[温泉]

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

最上小国川ダムの関連情報