最密充てん構造(読み)さいみつじゅうてんこうぞう

百科事典マイペディアの解説

最密充てん構造【さいみつじゅうてんこうぞう】

最密構造とも。同じ大きさのを最も密につめた構造,およびそれらの球の中心を格子点とする結晶構造。平面上での最密充てんはおのおのの球が隣接する6個の球で囲まれた形になる。これと同じ層を上に緊密に重ねる場合のやり方は1通りしかなく,第1層の三つの球のつくるくぼみに第2層の球の一つがはまりこむ形になる。第3層を緊密に重ねる場合には2通りのやり方が生じる。すなわち,各球の中心が第1層の球の中心真上位置か,第1層の三つの球のつくるくぼみの真上の位置か,どちらかにくることになる。後者の場合は第4層の球が初めて第1層の球の真上の位置を占める。前者を六方最密充てん構造,後者を立方最密充てん構造という。金属の結晶における原子の配列は最密充てん構造をとるものが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android