コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最後の貸(し)手 サイゴノカシテ

デジタル大辞泉の解説

さいご‐の‐かして【最後の貸(し)手】

破綻(はたん)しそうな金融機関に対し、中央銀行が融資を行う機能。また、その融資者となる中央銀行のこと。システミックリスクなどが起こり経済全体が混乱する危険性を回避するために発動される。→日銀特融

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

最後の貸(し)手の関連キーワードダラライゼーション固定為替相場制公定歩合ドル化

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android