コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

最高顧問[自由民主党] さいこうこもんじゆうみんしゅとう

1件 の用語解説(最高顧問[自由民主党]の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

最高顧問[自由民主党]
さいこうこもんじゆうみんしゅとう

自由民主党の総裁経験者で党籍所有者,衆参両院議長および副総裁経験者で現職の党所属国会議員から構成される機関。 1980年の党大会で制度化された。保守政党は当選回数や政治家としての経歴が重視される傾向が強く,党内派閥抗争が激化して党運営が行きづまったとき,長老政治家の権威・見識で紛争を調停し,突破口を発見しようとするための制度で,深い溝を残すような抗争は慎重に回避し,党内融和をはかる保守政党の知恵といえる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

最高顧問[自由民主党]の関連キーワード麻生派SLD古賀派自由民主党総務会森派総裁選岸田派自由民主自由民主党(西ドイツ)自由民主党総裁公選制

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone