コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月ノ岡古墳 つきのおかこふん

1件 の用語解説(月ノ岡古墳の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つきのおかこふん【月ノ岡古墳】

福岡県浮羽郡吉井町若宮に所在する前方後円墳筑後川左岸の沖積平野にあり,若宮八幡社境内に西面して築かれる。全長95m,後円部径50m,前方部幅40mを測り,外周に濠の痕跡を残し,墳丘に各種の形象埴輪の樹立をみる。1805年(文化2)後円部から,竪穴式石室長持形石棺を納めた埋葬施設が掘開され,多数の遺物がとりだされた。出土品には鏡,玉類,甲冑(かつちゆう),帯金具,馬具,刀剣,胡禄(ころく),鉄鏃などがあり,矢野一貞の《筑後将士軍談》に詳しく図示されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月ノ岡古墳の関連キーワード古墳埼玉古墳群前方後円墳稲荷山古墳うきは双子塚車塚古墳後円部前方部田代重栄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone