コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月ノ岡古墳 つきのおかこふん

世界大百科事典 第2版の解説

つきのおかこふん【月ノ岡古墳】

福岡県浮羽郡吉井町若宮に所在する前方後円墳。筑後川左岸の沖積平野にあり,若宮八幡社境内に西面して築かれる。全長95m,後円部径50m,前方部幅40mを測り,外周に濠の痕跡を残し,墳丘に各種の形象埴輪の樹立をみる。1805年(文化2)後円部から,竪穴式石室長持形石棺を納めた埋葬施設が掘開され,多数の遺物がとりだされた。出土品には鏡,玉類,甲冑(かつちゆう),帯金具,馬具刀剣,胡禄(ころく),鉄鏃などがあり,矢野一貞の《筑後将士軍談》に詳しく図示されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

月ノ岡古墳の関連キーワード吉井[町]