コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月ヶ瀬[村] つきがせ

世界大百科事典 第2版の解説

つきがせ【月ヶ瀬[村]】

奈良県北東端,添上郡の村。人口2015(1995)。標高200~300mの大和高原の一角を占め,名張川の峡谷部に位置する。農業は茶の栽培を中心として,水稲シイタケなどの複合経営で,特に茶は関西でも有数の生産地である。また梅の名所として広く知られ,江戸後期に頼山陽斎藤拙堂などの文人が訪れたことで有名となり,現在も梅樹約6000本を有する月ヶ瀬梅林(名)には多くの観光客が集まる。ウメの加工も盛んで,古くは京紅の染料となる烏梅(うばい)を産した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

月ヶ瀬[村]の関連キーワード緑友利恵佐藤健出生率片野莉乃山田望叶花見桜こうき安徽(省)ジオパークスピードスケートあゆみくりかまき

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android