コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月ヶ瀬[村] つきがせ

1件 の用語解説(月ヶ瀬[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つきがせ【月ヶ瀬[村]】

奈良県北東端,添上郡の村。人口2015(1995)。標高200~300mの大和高原の一角を占め,名張川の峡谷部に位置する。農業は茶の栽培を中心として,水稲,シイタケなどの複合経営で,特に茶は関西でも有数の生産地である。また梅の名所として広く知られ,江戸後期に頼山陽,斎藤拙堂などの文人が訪れたことで有名となり,現在も梅樹約6000本を有する月ヶ瀬梅林(名)には多くの観光客が集まる。ウメの加工も盛んで,古くは京紅の染料となる烏梅(うばい)を産した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

月ヶ瀬[村]の関連キーワード桜井月ヶ瀬生駒宇陀香芝辰の市天理東海荻田甚兵衛奈良許知麻呂

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone