月切駕籠(読み)つきぎりかご

精選版 日本国語大辞典「月切駕籠」の解説

つきぎり‐かご【月切駕籠】

〘名〙 江戸時代に駕籠を常用する資格のない旗本や、大名家臣などが、年齢および特殊事情により願い出て、五か月に限って駕籠を常用することを特別に許されること。
※禁令考‐前集・第四・巻三九・貞享三年(1686)七月「陪臣乗物駕籠御免之訳之事〈〉一家老之外者は、五十以上駕籠御免相成る、五十以下にては月切駕籠御免相成る」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android