コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

月潟[村] つきがた

1件 の用語解説(月潟[村]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

つきがた【月潟[村]】

新潟県中部,西蒲原郡の村。人口3954(1995)。越後平野中央部,信濃川派川の中ノ口川西岸にあり,全域が沖積地で,自然堤防上に集落が発達する。中心集落の月潟では,近世三条の金物問屋の下請けとして始められた鍛冶工業が盛んで,越後鎌の主産地として知られるが,零細規模のものがほとんどである。蒲原穀倉地帯の中心にあり,米の反当り収量は県内有数である。自然堤防上では古くからナシの栽培が盛んで,大別当(おおべつとう)にある樹齢170年と伝えられる類産ナシは,ナシ栽培が導入された当時の古品種で,天然記念物に指定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

月潟[村]の関連キーワード米・食味分析鑑定コンクール昭和パックス怒江

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone