コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有り難い・有難い・難有い ありがたい

大辞林 第三版の解説

ありがたい【有り難い・有難い・難有い】

( 形 ) [文] ク ありがた・し
(人の好意や協力に対して)感謝にたえない。かたじけない。 「ご配慮ほんとうに-・いことです」 「 - ・く頂戴ちようだいいたします」
自分にとって好都合な状態で、うれしい。 「 - ・いことに晴れてきた」
自然に伏し拝みたくなるようなさまである。尊い。 「 - ・いお経」
ありそうにない。ほとんど例がない。めったにない。珍しい。 「 - ・きもの、舅しゆうとにほめらるる婿むこ/枕草子 75
生きていることが難しい。暮らしにくい。 「世の中は-・くむつかしげなるものかな/源氏 東屋
めったにないほどすぐれている。 「あしこにある子の母いと心よく-・き人なり/宇津保 蔵開下」 〔原義は有ることがむずかしいの意で、「あり」を存在の意で用いると 、生存の意で用いると の意となる。めったにない意から の意が生じ、中世以降は の意でも用いられた。近世に入ると、その行為などをもったいないと感謝することから の意で多用されるようになった〕
[派生] -が・る ( 動五[四] ) -げ ( 形動 ) -さ ( 名 ) -み ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android