有効性アミノ酸

栄養・生化学辞典の解説

有効性アミノ酸

 化学的方法で加水分解して定量されるアミノ酸量から生物学的に利用されない形態のアミノ酸量をさしひいた量.生物に有効に利用されないアミノ酸とは,側鎖が,分析のための加水分解条件下で不安定で,もとのアミノ酸に復元する形の誘導体になっている場合とか,不消化な場合などが考えられる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android