有害鳥獣の捕獲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

鳥獣保護法は、動物による農作物被害生態系への影響を防ぐため、鳥獣捕獲について特別に許可している。住民要請に対して自治体が地元猟友会などに捕獲許可を出す。基本的には猟友会がボランティアで出動し、捕獲する。捕獲の期間や頭数をあらかじめ決めているが、人的被害の恐れがあり緊急に捕獲する場合もある。静岡では、クマは県が、被害の頻度の高いサル、シカイノシシ市町が許可を出す。

(2007-03-30 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ミルクティー同盟

アジア各国の民主化を求める若者によるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)上での同盟の名称。もともとは香港、台湾、タイなどの若者が自国の民主化を求めて行っていたそれぞれの抗議運動がSNS(ソ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有害鳥獣の捕獲の関連情報