コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有害鳥獣の捕獲

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

有害鳥獣の捕獲

鳥獣保護法は、動物による農作物被害や生態系への影響を防ぐため、鳥獣の捕獲について特別に許可している。住民の要請に対して自治体が地元猟友会などに捕獲許可を出す。基本的には猟友会がボランティアで出動し、捕獲する。捕獲の期間や頭数をあらかじめ決めているが、人的被害の恐れがあり緊急に捕獲する場合もある。静岡県では、クマは県が、被害の頻度の高いサル、シカイノシシ市町が許可を出す。

(2007-03-30 朝日新聞 朝刊 静岡 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

有害鳥獣の捕獲の関連キーワード鳥獣捕獲等事業者鳥獣保護法

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

有害鳥獣の捕獲の関連情報