有栖川宮幸仁親王(読み)ありすがわのみや ゆきひと しんのう

美術人名辞典の解説

有栖川宮幸仁親王

有栖川宮第三代。後西天皇の第二皇子。幼名は多賀宮・二宮。高松宮・花町宮・有栖川宮。狩野探幽に学んで絵を能くしたほか、書道を能くし、霊元天皇より能書方・入木道潅頂等の伝授を受けた。元禄12年(1699)薨去、44才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android