コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮幸仁親王 ありすがわのみや ゆきひと しんのう

美術人名辞典の解説

有栖川宮幸仁親王

有栖川宮第三代。後西天皇の第二皇子。幼名は多賀宮・二宮。高松宮・花町宮・有栖川宮。狩野探幽に学んで絵を能くしたほか、書道を能くし、霊元天皇より能書方・入木道潅頂等の伝授を受けた。元禄12年(1699)薨去、44才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

有栖川宮幸仁親王の関連キーワード有栖川宮

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android