コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮織仁親王 ありすがわのみや おりひと しんのう

1件 の用語解説(有栖川宮織仁親王の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

有栖川宮織仁親王

江戸後期の親王。有栖川宮第六代。職仁親王の子、桃園天皇の猶子。幼称は寿手宮。出家後、竜淵と号す。法号は文聚院。中務卿・一品に叙せられる。九条尚実から書道の伝授を受け、また後桜町天皇から『伊勢物語』『古今集』などの秘伝を受けた。文政3年(1820)薨去、67才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone