コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮織仁親王 ありすがわのみや おりひと しんのう

美術人名辞典の解説

有栖川宮織仁親王

江戸後期の親王。有栖川宮第六代。職仁親王の子、桃園天皇の猶子。幼称は寿手宮。出家後、竜淵と号す。法号は文聚院。中務卿・一品に叙せられる。九条尚実から書道の伝授を受け、また後桜町天皇から『伊勢物語』『古今集』などの秘伝を受けた。文政3年(1820)薨去、67才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

有栖川宮織仁親王の関連キーワード知恩院宮尊超入道親王仁和寺宮済仁法親王尊超入道親王済仁法親王承真法親王徳川家慶千種有功苞子女王織子女王

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android