コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有栖川宮職仁親王 ありすがわのみや よりひと しんのう

美術人名辞典の解説

有栖川宮職仁親王

霊元天皇第十五皇子。幼称を明宮有栖川宮を継ぎ中務卿一品に叙せられる。和歌を好み、書をよくし歌道は桃園、後桜町二帝に仕える。関白近衛内前・尚実・貞建・家仁・典仁四親王、准大臣勝胤・光胤・雅香等の和歌師範。明和6年(1769)薨去、57才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

有栖川宮職仁親王の関連キーワード桂宮家仁親王賀茂季鷹日野資枝音仁親王栄恕女王

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android