コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有棘細胞がん ゆうきょくさいぼうがんSquamous Cell Carcinoma

1件 の用語解説(有棘細胞がんの意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

ゆうきょくさいぼうがん【有棘細胞がん Squamous Cell Carcinoma】

[どんな病気か]
 暗紅色(あんこうしょく)のかたい結節や潰瘍(かいよう)ができ、表面に汚いかさぶたがついて悪臭がすることもあります。
 有棘細胞がんは、いろいろな前がん症から生じることが知られています。たとえば、子どものころのひどいやけどやけがの傷跡、治療のために受けた放射線による皮膚炎の箇所などから生じるのです。
 最近は、高齢者の顔面などにみられる日光角化症(にっこうかくかしょう)から生じるものが増えています。また、色素性乾皮症(しきそせいかんぴしょう)という遺伝性疾患や慢性砒素中毒患者(まんせいひそちゅうどくかんじゃ)などにもよくできます。
●自己発見法
 このがんは、黒色になることはほとんどありません。治りにくく、しだいに増大するしこりや潰瘍(かいよう)ができたら、皮膚科専門医の診察を受けましょう。
[治療]
 有棘細胞がんの悪性度は、メラノーマ基底細胞がんとの中間で、ときにリンパ節などへ転移することがありますが、手術で取りきれればほとんどの場合、完治します。
 転移した場合は、化学療法放射線療法が行なわれます。効果はかなり期待できます。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone