有機薄膜CMOSイメージセンサー(読み)ユウキハクマクシーモスイメージセンサー

デジタル大辞泉の解説

ゆうきはくまくシーモス‐イメージセンサー〔イウキハクマク‐〕【有機薄膜CMOSイメージセンサー】

フォトダイオードの代わりに有機薄膜を用いたCMOSイメージセンサー。フォトダイオードに比べて光を吸収しやすく、1画素当たりの受光効率を高めることで、感度やダイナミックレンジが向上するという利点をもつ。有機CMOSイメージセンサー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

翔んで埼玉

魔夜峰央(まやみねお)によるギャグマンガ、及び、それを基にした映画作品。埼玉県民が東京都民に虐げられる架空の日本を舞台に、埼玉県解放を目指す人々の愛と戦いを描く。「花とゆめ」(白泉社)の1982年冬の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android