有毒動物による咬刺傷(毒蛇、ハチ)

  • 有毒動物による咬刺傷(毒蛇、ハチ)(中毒)

内科学 第10版の解説

 日本における有毒動物による咬刺傷としては,毒蛇咬傷マムシハブヤマカガシ),魚刺傷(オコゼ,ゴンズイなど),刺胞動物による刺傷(クラゲ,イソギンチャク),ハチ刺傷,毒グモ咬傷(セアカゴケグモ,ハイイロゴケグモなど)がある.これらの咬刺傷は,中毒学では,動植物の毒による障害という意味で,フグ中毒などと同様に自然毒による中毒に分類されている.[岩崎泰昌]
■文献
岩崎泰昌,大谷美奈子:自然毒.中毒学—基礎・臨床・社会医学—(荒木俊一編),pp176-181,朝倉書店,東京,2002.上條吉人:臨床中毒学(相馬一亥監修),pp498-506,医学書院,東京,2009.堺 淳:ヘビ.中毒症のすべて(黒川 顕編),pp252-257,永井書店,東京,2006.

出典 内科学 第10版内科学 第10版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android