コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

有田[市] ありだ

百科事典マイペディアの解説

有田[市]【ありだ】

和歌山県西部,有田川下流域を占める市。1956年市制。河口部の箕島(みのしま),北部の初島に市街地が発達,紀勢本線が通じる。有田ミカンの大産地で,箕島はその積出港として発達。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ありだ【有田[市]】

和歌山県西部,有田川河口にある市。1954年箕島町と保田,宮原,糸我の3村が合体して有田町と改称,56年市制。62年初島町を編入。人口3万4283(1995)。河口の積出港であった箕島,北湊が中心。中世には有田郡に勢力を張った湯浅党本拠地であり,一族から出た明恵の遺跡が残っている。近世以来,有田川流域の南北の山地にミカンが栽培された。藩の奨励で盛んとなり有田ミカンとして江戸へも出荷され,その積出港として箕島,北湊は栄えてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報