有馬 五郎(読み)アリマ ゴロウ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

有馬 五郎
アリマ ゴロウ


職業
バレエダンサー 振付家

専門
クラシックバレエ演出・振付

肩書
東京シティ・バレエ団理事長

生年月日
大正11年 11月20日

出生地
香川県 高松市

学歴
青山学院〔昭和18年〕中退

経歴
23歳で小牧正英に師事しバレエを始める。のち谷桃子バレエ団の設立に参加し、谷桃子に師事。昭和50年文化庁研修員として英国及び米国に留学。この間、24年小牧バレエ団公演「コッペリア」でデビュー、以後、谷桃子バレエ公演「火の鳥」「レ・シルフィード」、東京シティ・バレエ団公演「眠れる森の美女」「くるみ割り人形」などに出演。「天と地の声」「オラショ」などの創作も発表。

所属団体
国際演劇協会日本センター,全日本舞踊連合(常任理事),東京バレエ協議会(理事)

受賞
橘秋子賞功労賞(第16回)〔平成2年〕

没年月日
平成5年 1月16日 (1993年)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

猫バンバン

寒い季節になると多発する、猫が自動車のエンジンルームやボンネットの中に潜り込んでいたのに気付かず発車してしまうという事故を防ぐための動作。自動車を始動させる前にボンネットをバンバンとたたき、猫の鳴き声...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android