服部 正一郎(読み)ハットリ ショウイチロウ

20世紀日本人名事典の解説

服部 正一郎
ハットリ ショウイチロウ

昭和・平成期の洋画家 日本美術学校名誉校長。



生年
明治40(1907)年11月17日

没年
平成7(1995)年3月20日

出生地
茨城県竜ケ崎市

学歴〔年〕
日本美術学校洋画科〔昭和4年〕中退,太平洋研究所卒

主な受賞名〔年〕
日本芸術院賞〔昭和43年〕「水郷」,勲三等瑞宝章〔平成4年〕

経歴
昭和4年二科展で「ぶどう棚」が初入選。目白にアトリエを構える。従軍画家を経て、農業の傍ら制作。27年二科会会員となり、53年常務理事。代表作に「橋」(政府買上げ)「知床」(国立公園買上げ)「春堤」(東京都美術館蔵)など。平成6年4月再開された日本美術学校名誉校長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android