服部 良一(読み)ハットリ リョウイチ

20世紀日本人名事典の解説

服部 良一
ハットリ リョウイチ

昭和期の作曲家,指揮者 日本作曲家協会会長;日本音楽著作権協会名誉会長。



生年
明治40(1907)年10月1日

没年
平成5(1993)年1月30日

出生地
大阪府大阪市本庄

別名
作詞家名=村雨 まさを

学歴〔年〕
大阪市立実践商業〔大正13年〕中退,大阪音楽学校ピアノ専科〔大正14年〕中退

主な受賞名〔年〕
日本レコード大賞10周年記念賞〔昭和43年〕,紫綬褒章〔昭和44年〕,勲三等瑞宝章〔昭和53年〕,日本作詩大賞特別賞(第16回)〔昭和58年〕,日本レコード大賞審査委員特別顕彰〔昭和63年〕,国民栄誉賞〔平成5年〕,歌謡ゴールデン大賞〔平成5年〕

経歴
高小卒業後、働きながら夜学に通い、大正12年出雲屋少年音楽隊に入隊。15年大阪中央放送局の管弦楽団員となり、同指揮者であったソ連の作曲家E.メッテルに師事、作曲理論を学ぶ。一方、ジャズの洗礼も受け、自らバンドを作り道頓堀の人気者となる。昭和8年上京、人形町のダンスホール「ユニオン」のバンドにサックス・プレイヤーとして参加。11年コロムビア・レコード専属作曲家となり、12年最初のヒット曲「別れのブルース」を生み出す。以後「湖畔の宿」「東京ブギウギ」「青い山脈」など、戦前、戦後を通じ現在まで、常に庶民に愛される、音楽的にも完成度の高いポピュラー・ミュージックを提供しつづけてきた。日本作曲家協会会長、東京音楽祭審査委員長、日本音楽著作権協会会長を兼任。53年には音楽家としては最高の勲三等を受けている。自伝に「ぼくの音楽人生」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

服部 良一 (はっとり りょういち)

生年月日:1907年10月1日
昭和時代;平成時代の作曲家;指揮者
1993年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

服部 良一の関連情報