望月 歓厚(読み)モチヅキ カンコウ

20世紀日本人名事典の解説

望月 歓厚
モチヅキ カンコウ

大正・昭和期の僧侶,仏教学者 立正大学学長。



生年
明治14(1881)年8月12日

没年
昭和42(1967)年11月28日

出生地
山梨県

旧姓(旧名)
田中

別名
号=日電秋江

学歴〔年〕
日蓮宗大学〔明治43年〕卒

学位〔年〕
文学博士〔昭和32年〕

経歴
明治21年得度。大学卒業後研究院に学び内地研究員を経て、日蓮宗大学教授。15年立正大教授となり、東洋大、大正大、京大各講師。昭和19年立正大学長、日蓮宗学研究所長となった。一方4年静岡・富西寺住職、本覚寺、東京・宣明院、山梨・妙法寺各住職を歴任。著書に「親心本尊鈔講義」「法華経講義」「日蓮の生死観」「日蓮教学の研究」「日蓮宗学説史」など。監修に「定本日蓮聖人遺文」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android