望月〈町〉(読み)もちづき〈まち〉

日本の地名がわかる事典の解説

〔旧地名〕望月〈町〉(もちづき〈まち〉)


長野県東部、蓼科(たてしな)山北麓に存在した町。北佐久(きたさく)郡。
江戸時代には中山道の宿場町。2005年(平成17)4月、合併により廃止。⇒佐久市

出典 講談社日本の地名がわかる事典について 情報 | 凡例

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android