コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月カズ もちづき カズ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

望月カズ もちづき-カズ

1927-1983 昭和時代後期の福祉活動家。
昭和2年8月3日生まれ。6歳のとき満州(中国東北部)で孤児となり,見習い看護婦で終戦をむかえる。無国籍解消のため養子縁組をし,一時永松を名のる。韓国ソウルで理髪店をいとなみ,朝鮮戦争による孤児130人余をそだて,韓国孤児の母とよばれた。昭和51年吉川英治文化賞。昭和58年11月12日死去。56歳。東京出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

望月カズの関連キーワード永松カズ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android