望月 圭介(読み)モチヅキ ケイスケ

20世紀日本人名事典の解説

望月 圭介
モチヅキ ケイスケ

明治〜昭和期の政治家 逓信相;内相;衆院議員。



生年
慶応3年2月27日(1867年)

没年
昭和16(1941)年1月1日

出身地
広島県

学歴〔年〕
攻玉社中退,明治英学校中退

経歴
広島県の裕福な回船問屋の家に生まれ、14歳で勉学のため上京後、自由党に近づき、明治31年、30歳の若さで衆院議員に初当選し、以後当選13回。この間、政友会の原敬総裁に引き立てられて昭和2年、原内閣時代の政友会幹事長に就任する。その後、田中義一内閣の逓相、内相などを歴任したが、政友会にあっては鈴木総裁を中心とする主流派への反感を強めてやがて除名され、他の政友会脱退者らと昭和会を結成した。14年の政友会分裂後は中島知久平派に属し、後に米内内閣の参議などをつとめている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

望月 圭介
モチズキ ケイスケ


肩書
逓信相,内相,衆院議員

生年月日
慶応3年2月27日(1867年)

出身地
広島県

学歴
攻玉社中退 明治英学校中退

経歴
広島県の裕福な回船問屋の家に生まれ、14歳で勉学のため上京後、自由党に近づき、明治31年、30歳の若さで衆院議員に初当選し、以後当選13回。この間、政友会の原敬総裁に引き立てられて昭和2年、原内閣時代の政友会幹事長に就任する。その後、田中義一内閣の逓相、内相などを歴任したが、政友会にあっては鈴木総裁を中心とする主流派への反感を強めてやがて除名され、他の政友会脱退者らと昭和会を結成した。14年の政友会分裂後は中島知久平派に属し、後に米内内閣の参議などをつとめている。

没年月日
昭和16年1月1日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

望月 圭介 (もちづき けいすけ)

生年月日:1867年2月27日
明治時代-昭和時代の政治家。衆議院議員
1941年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android