望月 小太郎(読み)モチヅキ コタロウ

20世紀日本人名事典の解説

望月 小太郎
モチヅキ コタロウ

明治期の政治家 衆院議員(新党倶楽部);英文通信社社長。



生年
慶応1年11月15日(1866年)

没年
昭和2(1927)年5月19日

出生地
甲斐国南巨摩郡身延村(山梨県)

学歴〔年〕
山梨師範〔明治15年〕卒,慶応義塾卒,ロンドン大学卒,ミッドル・テンプル大学法科卒

主な受賞名〔年〕
勲三等

経歴
山県有朋の推薦で英国に留学、ロンドン大学など卒業後も留まって「日英実業雑誌」を発行。のち欧州各国を巡遊して帰国。明治29年山県有朋に随行してロシア皇帝戴冠式に出席、30年伊藤博文に従い英国ビクトリア女王即位60年式典参列。また大蔵省・農商務省の嘱託で欧米各国を視察。35年以来山梨県から衆院議員当選7回、はじめ立憲政友会に属したが、大正4年以後は立憲同志会憲政会に所属。この間、日露戦争後、英文通信社を創立し、「日刊英文通信」「英文日本財政経済月報」を発行、欧米各国に日本事情を紹介した。著書に「独逸の現勢」、英文「日本と亜米利加」「現時の日本」などがある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

新訂 政治家人名事典 明治~昭和の解説

望月 小太郎
モチズキ コタロウ


肩書
衆院議員(政友会),英文通信社社長

生年月日
慶応1年11月(1865年)

出生地
甲斐国南巨摩郡身延村(山梨県)

学歴
山梨師範卒 慶応義塾卒 ロンドン大学卒 ミッドル・テンプル大学法科卒

経歴
英国に留学、ロンドン大学など卒業後も留まって日英実業雑誌を発行。のち欧州各国を巡遊して帰国。明治29年山県有朋に随行してロシア皇帝戴冠式に出席、30年伊藤博文に従い英国ビクトリア女皇即位60年式典参列。また大蔵省などの嘱託で米国を数回視察。35年以来山梨県から衆院議員当選7回、立憲政友会に属した。この間英文通信社を創立し、「日刊英文通信」「英文財政経済日報」を発行した。著書に「英文日本と亜米利加」「現時の日本」などがある。

受賞
従五位勲三等

没年月日
昭和2年5月19日

出典 日外アソシエーツ「新訂 政治家人名事典 明治~昭和」(2003年刊)新訂 政治家人名事典 明治~昭和について 情報

367日誕生日大事典の解説

望月 小太郎 (もちづき こたろう)

生年月日:1866年11月15日
明治時代の政治家;ジャーナリスト。英文通信社社長;衆議院議員
1927年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アースデイ

地球のことを考えて行動する日。1970年、アメリカのG・ネルソン上院議員によって提唱された。毎年4月22日がその日とされており、世界中で環境イベントが開催されている。 アースデイが誕生したきっかけは、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android