望月 春江(読み)モチヅキ シュンコウ

20世紀日本人名事典の解説

望月 春江
モチヅキ シュンコウ

大正・昭和期の日本画家 日展参与;東京純心女子短期大学教授。



生年
明治26(1893)年11月13日

没年
昭和54(1979)年2月13日

出生地
山梨県西山梨郡住吉村増坪(現・甲府市)

本名
望月 尚(モチズキ ヒサシ)

学歴〔年〕
東京美術学校(現・東京芸術大学)日本画科〔大正8年〕卒

主な受賞名〔年〕
帝展特選〔昭和3年〕「趁春」,日展特選〔昭和31年〕「三人」,日本芸術院賞〔昭和32年〕「蓮」,山梨県特別文化功労者〔昭和50年〕

経歴
結城素明に師事。大正8年文部省文部大臣官房図書課嘱託となり、教科書の挿絵を担当。9年東京女高師(現・お茶の水女子大学)講師となり、のち教授となるが、昭和2年退任し、7年まで実践女子専門学校講師を務めた。この間大正10年帝展に「春に生きんとす」が初入選、昭和3年「趁春」が帝展特選となり、5年より帝展無鑑査。13年日本画院創立同人。戦後は日展、日本画院に出品し、32年「蓮」により日本芸術院賞を受賞。33年日展評議員、49年同参与となり、45年東京純心短期大学教授、また日本美術家連盟理事長を務めた。花鳥画の名手として知られた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android