朝妻 治郎(読み)アサヅマ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

朝妻 治郎
アサヅマ ジロウ

昭和期の洋画家



生年
大正4(1915)年11月18日

没年
昭和55(1980)年9月5日

出生地
東京

本名
朝妻 金治郎

学歴〔年〕
府立三商中退

経歴
昭和10〜11年本郷洋画研究所に学ぶ。12年長谷川三郎・山口薫師事。13年から自由美術展に出品、14年同展に初入選し、のち同会会員となる。22〜25年美術団体連合展に出品。同年自由美術家協会を退会しモダンアート協会の創立に参加、27年同会会員となる。30年個展を開催した。現代日本美術展、日本国際美術展などにも出品する。油絵のほか、彫刻、銅版画も制作した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android