朝妻 治郎(読み)アサヅマ ジロウ

20世紀日本人名事典の解説

朝妻 治郎
アサヅマ ジロウ

昭和期の洋画家



生年
大正4(1915)年11月18日

没年
昭和55(1980)年9月5日

出生地
東京

本名
朝妻 金治郎

学歴〔年〕
府立三商中退

経歴
昭和10〜11年本郷洋画研究所に学ぶ。12年長谷川三郎・山口薫師事。13年から自由美術展に出品、14年同展に初入選し、のち同会会員となる。22〜25年美術団体連合展に出品。同年自由美術家協会を退会しモダンアート協会の創立に参加、27年同会会員となる。30年個展を開催した。現代日本美術展、日本国際美術展などにも出品する。油絵のほか、彫刻、銅版画も制作した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)20世紀日本人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android