コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝寝坊夢羅久(初代) あさねぼう むらく

1件 の用語解説(朝寝坊夢羅久(初代)の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝寝坊夢羅久(初代) あさねぼう-むらく

1777-1831 江戸時代後期の落語家。
安永6年生まれ。浄瑠璃(じょうるり)の太夫であったが,享和3年初代三笑亭可楽に入門,三笑亭夢楽を名のる。文化6年無断で夢羅久と改名したため破門され,朝寝坊夢羅久とした。のち烏亭焉馬(うてい-えんば)の門に転じ,笑語楼夢羅久を名のった。人情噺(ばなし)を得意とした。天保(てんぽう)2年1月17日死去。55歳。江戸出身。通称は里見晋兵衛

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝寝坊夢羅久(初代)の関連キーワード加藤美樹小糸佐七物沼波弄山ロス田中大秀朝寝坊夢羅久朝寝坊夢羅久竹沢弥七豊沢広助ゴローニン

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone