コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

朝寝坊夢羅久(初代) あさねぼう むらく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

朝寝坊夢羅久(初代) あさねぼう-むらく

1777-1831 江戸時代後期の落語家。
安永6年生まれ。浄瑠璃(じょうるり)の太夫であったが,享和3年初代三笑亭可楽に入門,三笑亭夢楽を名のる。文化6年無断で夢羅久と改名したため破門され,朝寝坊夢羅久とした。のち烏亭焉馬(うてい-えんば)の門に転じ,笑語楼夢羅久を名のった。人情噺(ばなし)を得意とした。天保(てんぽう)2年1月17日死去。55歳。江戸出身。通称は里見晋兵衛

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝寝坊夢羅久(初代)の関連キーワード落語家

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android