朝集堂・調集堂(読み)ちょうしゅうどう

精選版 日本国語大辞典の解説

ちょうしゅう‐どう テウシフダウ【朝集堂・調集堂】

〘名〙 藤原京以後の大内裏朝堂院の建物の一つ。朝堂院の南域、南面外門(平安京では応天門)の内に東西相対してあり、東を東朝集堂、西を西朝集堂という。大礼の時百官が参集し待機する所。朝集院。朝集殿。
※日本後紀‐弘仁六年(815)正月壬辰「於朝集堂王孝廉等、賜楽及祿

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる