朝餐・朝爨・朝飡(読み)ちょうさん

  • ちょうさん テウ‥

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「ちょうざん」とも) あさめし。朝食。ちょうそん。
※本朝無題詩(1162‐64頃)七・着阿恵嶋述志〈釈蓮禅〉「念誦之間、朝飡及午」
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉一九「明朝は必らす早起して共に朝餐(テウサン)を喫せよ」 〔張衡‐西京賦〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

二・二六事件

1936年2月 26~29日,東京で,国家改造を目指す陸軍青年将校が陸軍部隊を率いて反乱,クーデターを試みた事件。 26日早朝の蜂起後,27日東京に戒厳令がしかれたが,28日反乱部隊は「騒擾部隊」とさ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android